分煙機で愛煙家を守ろう

日本社会の中で健康志向が高まるにつれ、煙草を吸う人への風当たりが強まってきました。

つまり、愛煙家と嫌煙家の対立が年々激しさを増しており、街中で煙草を吸うにしても限られた場所でなければ取り締まられてしまい、地域によっては歩き煙草などはもってのほかです。


これは、街中に限らず一般の企業にも当てはまることで、オフィススペースでの煙草は、嫌煙家からの白い眼があり、禁止されていないとしても非常に吸いにくいものとなりました。

エアカーテンに関する役立つ情報をまとめています。

そのため、喫煙スペースを作ってそこで吸う人が増えましたが、これにも問題があり、喫煙室から出たときに副流煙が漏れてくるため、これが嫌煙家の不評を買うことになります。


喫煙室で吸っているのだから少しくらい煙が漏れ出るのを我慢しろというのは愛煙家のエゴで、今の時代には受け入れ難い考え方です。

そのため、喫煙室から煙が漏れ出ないようにする必要があります。

そこで役立つのが分煙機です。



分煙機は、単に煙草の煙を吸い込むだけでなく、煙草の嫌なにおいがつくことを防いでくれるものもあります。


嫌煙家の中には、少しでも煙草のにおいがすると不快になる人も存在し、このような機能は非常に魅力的だといえます。



また、分煙機と一口に言っても様々な形のものがあり、天井に取り付けるタイプのものや、テーブル状になっているもの、キャスターが付いていて移動することができるものなどがあり、オフィスに応じたものを選ぶことが可能です。また、分煙機メーカーによっては喫煙室の設計までやってくれる会社もあり、各会社に相応しい喫煙室を作ることが可能です。